プリプレグ製造装置 KROENERT GmbH & Co.KG

ロール to ロールで熱可塑性樹脂をCFシートに含浸

熱可塑性樹脂とCFシート(UD、織物、不織布)の製造プロセスを提案致します。
KROENERT GmbH & Co.KG(以下、KROENERT社)のプリプレグ製造装置は、加熱・加圧方式とは異なり、ロール to ロールで熱可塑性樹脂をCFシートに含浸させていくプロセスが特徴です。

KROENERT GmbH & Co.KG(ドイツ)

KROENERT社は、紙、アルミ箔、フィルム、ラミネート材等で製造する最終製品、例えば包装資材、機能性材料、リチウムイオン電池用電極・セパレータ膜、フレキシブル太陽電池、メンブレン、燃料電池など多岐に亘る製品に使われる最先端技術の塗工機を設計・製造する塗工機のエキスパートです。多様な塗工システム・ラミネーティング装置の開発・製造のみならず、機械の据付・各種サービスの提供をKROENERT社製造拠点であるドイツ、ハンブルグで行っております。

http://www.kroenert.de/

製品の特長

加熱・加圧方式と比較して、以下のメリットがあります。

 ①ポリイミド系の離型紙が不要
 ②生産効率の向上
 ③過剰な熱によるCFシートと熱可塑性樹脂の剥離なし
 ④含浸時に発生するボイドを抑制


お問い合わせ

お電話・FAXでのお問い合わせ

FAX 03-3506-3530

Webサイトからのお問い合わせ

テスト承ります!